継続、単発の男性たちから頂くお金が、とても大きなものになりました。
そのためコロナ禍で仕事を休んでいる間の給料が、こちらでなんとかなりました。
ただ、短い時間オンラインでお酒にお付き合いをするだけでした。
ホステスとして仕事している私です。
接客は得意としています。
そのため、苦労することもありませんでした。
リモートでお金を稼げ、自粛生活を無事に乗り切ることができました。

 

 パパ活アプリで知り合った男性2人とは、コロナが落ち着きを見せてからはリアルデートに誘ってもらえました。
こちらは高級料理を食べさせて貰い、お手当まで支払いされました。
ホステスにも復帰でき、自分の給料とパパたちからのお手当で安泰な生活を手に入れられました。
ぽっちゃりのパパ活も全然大丈夫なんです。
アラサーのパパ活だってできちゃうんです。
おかげで、私は足長おじさんたちに助けられて自粛を乗り切る事が出来ました。

 

 昨年末から再び感染者が急増し、ついに緊急事態宣言も発令されました。
これが延長までされ、再びホステスの仕事に暗い影が落ち始めました。
時短営業なども余儀なくされます。
オーナーからは、シフトを減らすようにと言われました。
それでも、第一波の時のように困ることはありません。
現在は2人のパパとのお付き合いが継続中です。
またアプリの中で活動していくことで、貢いでもらうことも可能です。
後ろ盾を手にする方法を、しっかりキャッチできているのですから。
コロナで大変な世の中になるかもしれません。
それでも収入の方は、なんとかなると自信が持てています。
お金くれる人を探すため、JメールやPCMAXやワクワクメールは大いに役立ってくれます。
パパ探しのためにあるアプリである、そう言ってもいいのかもしれません。
困った時は、また、アプリを使って貢いでくれる人探しをすれば大丈夫なんです。