緊急事態宣言の自粛により、仕事が休みになりました。
何時仕事が再開出来るかも分らない状態でした。
そのため、時間だけは沢山あります。
求人の方も相変わらず仕事が見つからない状態です。
そのため、元同僚の知夏ちゃんから教えられたパパ活アプリへ集中していきました。
確かに、無料の掲示板とは全く違います。
愛人募集掲示板や、お金支援掲示板を利用すると、大量にメールが送られてきました。
これは、趣旨の合わないメールばかりです。
それがなかったのです。
そのため、逆に、本当にお金を振り込んでくれる男性との出会いがありそうな予感すら感じました。
此処に足長おじさんがいる、金づるになってくれる男性がいる、後ろ盾を作れるって確信になっていきました。

 

 プロフには仕事が休みで困っていることを書きました。
顔の一部を隠した写メも掲載しました。
日記の機能も活用価値があると耳にしたため、こちらも更新を努めていきました。
さらに男性のプロフをチェック。
収入ステータスを見て、お金持ちそうだったら足あとを付けたりもしました。
この作業が、実を結ぶことになっていきました。

 

 Jメールの中でのやりとりに成功です。
上場企業の役員をやっていると言う40代後半のTさん。
新型コロナで飲みに出かけにいけない鬱憤を晴らしたい気持ちを持っていた男性でした。
メール交換は数回で終了です。
直ちに無料通話アプリ交換をする必要があることも教えられていました。
LINEで、お話をさせてもらうことにもなりました。

 

 Tさんから、私の現状を聞いてくれたため、お金がなくてピンチな話を素直にすることができました。
「多少の支援が出来るよ」
Tさんからお金の話を出してもらえ助かりました。
2日後に、オンラインでお酒に付き合う約束になりました。
やっとこの瞬間を迎えられ、心底喜びを感じている自分がいました。