愛人が欲しい

 子どもが生まれ、子どもは可愛くて仕方がない一方で、妻との関係は元には戻らなかった。仲が冷えたというわけではないし、一緒にいればやはり落ち着く。それは十分わかっているのだが、それとは少し別の、刺激にみちみちた関係を築きたいという気持ちも生まれていた。妻とそういう関係に戻れるのなら、それでもよかった。しかしそれは無理な相談だった。何しろ妻は、母になってしまったのだ。子どもを連れて火遊びはできない。
 といって、例えば会社の女の子とか、そんな手近なところで済ませるわけにはいかなかった。妻とは築けない関係を持ちたいとは思っていたが、妻との生活をそんなことでぶち壊してしまうほどに蔑ろにしていたわけでもない。同じことが会社でも言えた。会社の同僚同士で不倫しているという噂は時々耳にするが、わたしには信じられない話だ。
 結局、再びインターネットであてどなく探すことにした。
 最初に使ったのはSNSだった。わたしが使ったのは mixi と Facebook だったが、どちらもあまり愛人募集には適していなかった。結局大き過ぎて話が進まないのだ。ただ友人とつながっていればいいという人もいたし、積極的にオフ会に参加したりしていても、その関係が趣味の友人の範囲から抜け出ることはほとんどあり得ないことだった。愛人契約なんてとても話にならないのだ。オフ会に何度か実際に参加したりしてみたが、陶然と言えば当然の話しながら、さっぱり何も起こらなかった。ツイッターなんてゆるいつながりのSNSでは、もっと話にならないだろう。
 つまりは、愛人関係を求めている女性が集まるところでないと愛人など見つかるわけもないという当たり前の事実だけが残った。

ホーム