愛人契約【インターネット愛人募集ガイド】

安全に愛人契約出来る優良サイト登録無料

身元確かな相手と三大優良サイトで安心取引しよう

 

 わたしが出会い系サイトで遊ぶようになったのは、13年ほど前、まさにインターネットの出会い系が「児童買春の温床」として問題となっていた頃だった。当時出会い系と言えば玉石混交で、その気になればいくらでも遊べるサイトからサクラばかりのサイトまで山のようにあった。この直後、平成15年には「出会い系サイト規制法」が成立し、出会い系サイトの運営には公安委員会に届け出なければならないこと、利用者が18歳以上であるか確認することなどが義務付けられた。逆に言えば、今ならば愛人に限らず出会いを求めたければ、登録サイトを利用すれば安全ということだ。
 最初に出会い系を使ったのは出張先でだった。2週間の出張というのは、20代後半の男性にとっては品行方正に過ごすには少し長いものだ。とはいえ、風俗店で手軽に済ませようという気にもあまりならなかった。メールだけでも暇つぶしになればいいという気持ちもあって、聞きおぼえのあった出会い系サイトに登録した。もちろん、このときは愛人募集しようなどとは考えてもいなかった。
 掲示板に2通ほどメッセージを書き込むと、いくつか反応があった。上は30代後半から、下はアウトな年齢(確かめたわけではないので定かではないが)まで、意外と多くの人がいるのだと初めて知った。一回限りの条件も、尋ねてきたり押し付けてきたりとさまざまだった。中には「長期的にお付き合い」と書いてきた人もいて、これが愛人契約に近いものを表すことはすぐに判った。
 わたしは一番タイプだと思える女性に絞って返信した。20歳になったばかりの小柄な女性だ。待ち合わせ場所で待っていると、想像していたのよりもはるかにかわいらしい女性がそこに立っていた。こんな女性でも出会い系で出会いを探しているのかと不思議に感じるほどだった。

 

 

自己紹介
41歳・男性・会社員
31才で結婚、子ども1人(女児7歳)。現在の妻と知り合う前に出会い系サイトで遊んでいた経験がある。結婚してからはほとんど女遊びはしなかったが、子どもができて、妻との関係が変わったのを機に出会い系サイトでまた遊び始める。出会い系サイトで知り合った30代の女性と愛人関係を継続中。

ホーム